0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年8月2日日曜日

ガルシア9回TKO勝ち、ジェイコブス防衛

 米ニューヨークのバークレイズセンターで1日(日本時間2日)プレミア・ボクシング・チャンピオンズが行われ、前S・ライト級統一王者ダニー・ガルシア(米)は元世界王者ポール・マリナージ(米)に9回2分22秒TKO勝ち。ウェルター級進出戦を飾った。

 終始試合を支配して勝利のガルシアは31勝18KO無敗。今後の対戦相手には、WBAウェルター級正規王者キース・サーマン(米)、元IBF同級王者ショーン・ポーター(米)の名が挙がり、ガルシアは「サーマンもポーターも偉大な選手だ。(契約を結ぶ)ヘイモンが望めば喜んで試合をする」と語った。

 昨年4月のポーター戦に続き2試合連続TKO負けのマリナージは33勝7KO7敗。34歳の元世界王者は試合後「おそらく次はない」と引退を示唆した。今後はコメンテイターとして活躍する可能性が高いという。

 同じリングで行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチは、正規王者ダニエル・ジェイコブス(米)が元S・ウェルター級世界王者セルジオ・モーラ(米)に2回2分55秒TKO勝ち。2度目の防衛に成功のジェイコブスは30勝27KO1敗。モーラは28勝9KO4敗2分。