February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 負傷の河野公平が練習再開、打倒亀田興毅誓う

負傷の河野公平が練習再開、打倒亀田興毅誓う

2015年8月4日 17時22分

 左肋軟骨を骨折して治療にあたっていたWBA世界S・フライ級王者の河野公平(ワタナベ)が4日、東京・五反田のジムで本格的なトレーニングを再開。秋に予定されている亀田興毅との指名試合に闘志を燃やした。

ドラムミットにパンチを打ち込む河野(右)

 河野は5月下旬、7月開催が伝えられていた興毅との試合に向け、サウスポー選手とスパーリングをしていたところ「バキッという感じ」がして肋軟骨を骨折。全治1ヵ月と診断された河野は「次が亀田戦だと気合いが入って練習していた。スパーリングも80ラウンドくらいはこなしていたので、骨折したときは放心状態になった」と振り返った。

 ここからはロードワークもできず、笑うのも、くしゃみをするのも苦痛だったというが、1ヵ月の安静と治療をへて徐々に回復。「練習したい気持ちでたまらなかった」という王者はこの日、シャドーボクシングとミット打ち、サンドバッグ打ちと、まだ軽めの内容ながら、久々となるボクシングらしい練習を報道陣に披露した。

 仕切り直しとなる亀田戦はアメリカで行われる見通しで、9月開催希望の興毅陣営と、10月希望の河野陣営の間で交渉が進められている。9月からはスパーリングも再開するという河野は「敵地に乗り込むつもりで戦う。倒さないと勝てないと思っている」と打倒亀田に再び闘志を燃やした。

Related article
関連記事