February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

9°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 小國以載、源大輝と日本S・バンタム級V2戦

小國以載、源大輝と日本S・バンタム級V2戦

2015年8月4日 14時20分

源大輝(左)と小國以載
 日本S・バンタム級チャンピオンの小國以載(角海老宝石)が9月30日、東京・後楽園ホールの「第541回ダイナミックグローブ」で同級6位の源大輝(ワタナベ)と2度目の防衛戦を行う。

 2012年にOPBF王者となった小國は4度目の防衛戦で現王者の和氣慎吾(古口)敗れたあとジムを移籍。昨年12月の王座決定戦で石本康隆(帝拳)に競り勝って日本王座を獲得した。しかし初防衛戦では古橋岳也(川崎新田)に大苦戦。辛くも引き分けで王座を守った。スタイリッシュなボクシングが売りで、ここまで14勝4KO1敗1分の戦績を残している。

 タイトル初挑戦となる源は11年にプロデビューした24歳。ここまでの戦績は10勝9KO4敗で、長身から繰り出す強打が武器だ。

 またこの日は、ダブル日本タイトルマッチとして、日本ウェルター級王者の高山樹延(角海老宝石)が6度目の防衛戦を行う予定(対戦相手はJBCの承認待ち)。ほかに日本フェザー級6位の緒方勇希(角海老宝石)と元ランカー上野則之(RK蒲田)の一戦なども組まれている。

Related article
関連記事