February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 元世界王者の清水智信さん、セカンドキャリア策PR

元世界王者の清水智信さん、セカンドキャリア策PR

2015年8月10日 17時11分

 元WBA世界S・フライ級チャンピオンで現在は福井県会議員の清水智信さん(34歳)が10日、都内のJBC(日本ボクシングコミッション)事務局と、JPBA(日本プロボクシング協会)の大橋秀行会長を訪問。県が力を入れる就農活動制度をアピールした。

4月に県会議員となった清水さん(左)と大橋会長

 福井県では新規就農支援施設の「ふくい園芸カレッジ」などを設立し、園芸分野や漁業など1次産業の人材の育成に力を入れている。ここで2年間基礎を学んだ後、福井県内で1次産業に従事してもらうというもので、これが元ボクサーのセカンド・キャリアにも有益だと考えた清水議員が、ボクシング界に協力を依頼した。

 清水さんは「人口減少などで1次産業の担い手が減っている。セカンドキャリアで悩むスポーツ選手が、1次産業労働者の担い手になれば、双方にとって意味がある。福井県は幸福度ナンバーワンで住みやすい土地。ボクシングをやりきったら福井で農業や漁業をして暮らしてみませんか」と熱っぽく訴えた。

 大橋会長は「ボクサーのセカンド・キャリアは非常に大事なこと。協会としてできる限り協力していきたい」と清水議員の提案を歓迎。JBCの秋山弘志理事長も「選手生活を終えた人の支援活動はJBCとしてもやっていきたい」とし、今後JPBAと連携をして、アピールしていく意向を示した。

Related article
関連記事