February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Mist
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 大阪・道頓堀でいじめ撲滅キッズボクシング

大阪・道頓堀でいじめ撲滅キッズボクシング

2015年9月23日 0時18分

 いじめ撲滅青少年ボクシング大会が22日、大阪市道頓堀の特設リングで開かれた。大阪、兵庫のプロ、アマチュアのジムから小、中学生16人が出場、小学生は1ラウンド1分、中学生は1分30秒、それぞれ3ラウンドスパーリング。大阪ミナミの繁華街の真ん中で繰り広げられた熱戦を戎橋の上などから外国人観光客らも見守った。

道頓堀の遊歩道でキッズボクシング!

 ボクシングに打ち込むことで、子どもたちのいじめをなくそうと金沢英雄・金沢ジム会長(68)が中心となり、西日本ボクシング協会も協力して今年5月に開催。好評だったため第2回を開いた。道頓堀川の遊歩道にリングを設置、ゴングも鳴らし本式の試合形式。採点はつけなかったが、出場選手はふだんジムで鍛えたパンチやフットワークを披露した。道頓堀川を航行する遊覧船の乗客からも歓声があがった。また、40歳近くのアイドルグループ「サムライローズ」もリング上で歌い踊るなど、シルバーウイークを盛り上げるイベントとなった。

 金沢会長は「こどもたちがボクシングをすることで、親も応援に力が入るし、対話も生まれる。これからもボクシングの底辺を広げていきたい。来年5月にまた開催します」と話していた。

Related article
関連記事