May
18
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 高山勝成に挑戦の原隆二、食生活改善で減量好調

高山勝成に挑戦の原隆二、食生活改善で減量好調

2015年9月25日 15時29分

 27日エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)でゴングとなるダブル世界タイトルマッチの予備検診が25日、大阪市の多根総合病院と東京の日本ボクシングコミッションで行われた。

都内で予備検診を受けた原

 東京でただ一人検診を受けたのはIBF世界ミニマム級チャンピオン高山勝成(仲里)に挑戦する同級10位の原隆二(大橋)。集まった報道陣に対して「減量がうまくいき、いい練習ができた」と世界初挑戦に向けて調整が順調だったと明かした。

 陣営によれば、食生活を改善したことが減量成功の大きな理由。大橋秀行会長は「以前はご飯がお菓子のような食生活を送っていた」と苦笑いだ。今回はお菓子を食べず、脂ものを控えるなどした結果、これまでは13キロもの減量を強いられていたが、今回は7キロと理想の範囲に納まった。トレーニングの中身も充実したという。

 高山は前日の記者会見で、お菓子のラムネを食べて体調改善に努めたことを明かした。大橋会長は原のコンディションの良さを認めながらも「勝つのはやはり大変だと思う」と警戒心を緩めない。原は「自分のやってきたことを出すだけです」と語り、決戦の地である大阪に向かった。主な検診の結果は以下の通り。

    高山    原
身長  157.9cm 156.0cm
首周り 33.1cm  34.0cm
胸囲  84.2cm  76.5cm
リーチ 157.0cm 154.0cm

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了