April
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 最強ロマゴンにビロリア挑む、WBCフライ級最終会見

最強ロマゴンにビロリア挑む、WBCフライ級最終会見

2015年10月16日 14時29分

 ゴロフキンvsレミュー戦と同じ17日(日本時間18日)ニューヨークMSGで行われる注目のWBC世界フライ級タイトルマッチの最終記者会見が15日開催され、王者ローマン“チョコラティート”ゴンサレス(ニカラグア)と挑戦者2位ブライアン“ザ・ハワイアンパンチ”ビロリア(米)が抱負を語った。両者のコメントは以下のとおり。

ロマゴンvsビロリア最終会見(ボクシングニュース)
PFPランク1位のロマゴン(左)と挑戦者ビロリア

ゴンサレス「素晴らしいキャンプが実行でき、土曜日の試合に勝つためにグッドコンディションに仕上がりました。試合に勝てるよう神に祈ります。ファンに好試合を約束します」

ビロリア「私はボクシングと寝食ともにしてきた。この試合に備えて自分でいい準備ができたと思います。もし土曜日、ベストを尽くさなければ(ボクシングに)アダを返すことになります。このスポーツのパウンド・フォー・パウンド・ナンバーワンと戦うことはビッグ・チャレンジ。彼は私のキャリアで最強の相手になる。皆さんは土曜日、ベストなブライアン・ビロリアをご覧になるでしょう。ローマンからタイトルを奪う用意はできている」

 会見では同じく全米にPPV放送で中継されるWBAヘビー級暫定王座決定戦のルイス・オルティス(キューバ)vsマティアス・アリエル・ビドンド(アルゼンチン)、IBFミドル級1位決定戦のイーモン・オカネ(イギリス)vsトレアノ・ジョンソン(アメリカ)も出席。ステージで試合への意気込みを述べた。

 また往年のレジェンド“石の拳”ロベルト・デュラン氏(パナマ)が招待され、MSGでのケン・ブキャナン戦、デービー・ムーア戦など自身の思い出を語った。なお、主催のK2プロモーションズやGBPによると、MSGの試合チケットは完売したとのことだ。Photo/GBP

Related article
関連記事