July
12
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 前2冠王者野中が再起決意

前2冠王者野中が再起決意

2009年11月21日 19時39分

 1日の防衛戦で柴田明雄(ワタナベ)に判定負けし、OPBFと日本の両S・ウェルター級タイトルを失った野中悠樹(尼崎)が現役続行を決めた。所属の尼崎ジムが発表したもの。
 野中(31歳)は柴田に敗れた控え室で負けを潔く認める一方で、不完全燃焼の試合だったことも明かしていた。その後しばらくは進退を保留していたものの、このたび再起を決意。「まだ燃え尽きていないし肉体的な衰えも感じない。負けた後に言うのもなんなんですが、まだ伸びしろがあると確信している。次はまわりの人も自分自身ももっとシビれる試合がしたい!もう少しだけ応援宜しくお願いします!」とコメントした。
 ジムでは来春にも再起戦を予定している。

Related article
関連記事