日本語

Home > ニュース > 自信隠さぬカサレス
ニュース

2009年9月28日 月曜日

自信隠さぬカサレス

 28日の予備検診で初対面したチャンピオン名城と1位挑戦者のカサレス。検診後、それぞれが相手の印象を語った。
 名城はカサレスについて「強そう」とまずひと言。特にカサレスの目が印象的だったようで「雰囲気のある選手」と話した。もっとも映像で見たよりも小柄だったらしく「リーチもそんなにない。プロでは自分より小さい相手と戦ったことはないけれど、やりにくさはない」。気負いのないしゃべり口は順調な調整をうかがわせた。あとは軽く動く程度という。
 一方のカサレス。「(名城が)ナーバスになっているから、目が怖く見えたんじゃない!?」と自身の目力を分析。チャンピオンについては「まじめそうだ。集中している感じがする。当日はいい試合になると思うが、一番の差はキャリア」と、J・フライ級(WBO)時代にリング誌ベルトも獲得した拳歴を誇った。名城の枝川孝会長が「腹がポチャッとしとる」と減量苦の疑いをかけたが、カサレス陣営は「ボクサーなら誰でも体重を落とすのは苦労する」と流した。逆にカサレスが増量によってパワーアップしている点を強調する。「カサレスは体格も気持ちもJ・フライにおさまりきらない」(マネジャー氏)。もともとS・フライ級でプロキャリアをスタートし、J・フライ級で世界ベルトを巻いた後増量、最新の試合はフェザー級でリングに上がったカサレス。S・フライ級契約の試合だと約59キロで本番のリングに立つのだという。「名城を早いラウンドで倒せると思う」。メキシカンは最後まで自信を隠さなかった。

Related

関連記事