日本語

Home > ニュース > 名城とカサレス、体格酷似 WBA・S・フライ級戦予備検診
ニュース

2009年9月28日 月曜日

名城とカサレス、体格酷似 WBA・S・フライ級戦予備検診

 WBA世界S・フライ級タイトルマッチ(30日、大阪府立体育会館第2競技場)の予備検診が28日、大阪市のJBC(日本ボクシングコミッション)関西事務局で行われ、王者名城信男(六島)と挑戦者ウーゴ・カサレス(メキシコ)ともに特に異常はなかった。
 この日が両者の初顔合わせだったが、体格面でほぼ同じであることが判明。井岡弘樹以来長らく関西の世界戦検診を担当している柚木孝士コミッション・ドクターも「これほど似ている例は記憶にない」と驚く検診結果だった。また両選手は減量の影響も見られず、良コンディションのようだ。明日は計量と調印式が行われる。
 以下は検診の結果。
      名城            カサレス
身長   164センチ        163センチ
頚周   37センチ         37センチ
胸囲   90センチ         90センチ
胸厚   20センチ         20センチ
視力   右1.0左1.0        右1.0左1.5
リーチ  166センチ        165センチ
血圧   116/79         116/74
脈拍   54             48
体温   36.8            36.7

Related

関連記事