February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

9°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > パッキャオが本格始動、LH級ブリーマーV6戦

パッキャオが本格始動、LH級ブリーマーV6戦

2016年1月26日 12時45分

■米ラスベガスのMGMグランドで4月9日に行われるティモシー・ブラッドリー(米)戦を最後に引退すると公言しているマニー・パッキャオ(写真)が母国フィリピンで本格始動している。フィリピンからのニュースによると、パッキャオはアメリカでブラッドリーとのプレスツアーをこなし、先週末に帰国してトレーニングに突入。昨年5月に手術をした右肩の状態が心配されるが、ボクシングを始める前に毎晩のようにバスケットボールをして体力をキープしていたという。2月後半にはチーフトレーナーのフレディ・ローチ氏がフィリピン入りする予定。

■WBA世界L・ヘビー級正規王者のユルゲン・ブリーマー(デンマーク)が3月12日、ドイツのノイブランデンブルグで同級9位トーマス・ウースイゼン(南アフリカ)と6度目の防衛戦を行う。両者は昨年11月にモンテカルロで対戦予定だったが、ブリーマーの負傷により延期となっていた。WBA同級は統一王者にセルゲイ・コバレフ(ロシア)が君臨する。

■WBAはライト級王者アンソニー・クローラ(英)に対し、暫定王者イスマエル・バロッソ(ベネズエラ)と4月12日までに防衛戦を行うようにオーダーした。クローラ(30勝12KO4敗3分)は昨年11月、ダーレイ・ペレス(コロンビア)との再戦に勝利して王座を獲得。バロッソ(19勝18KO2分)は昨年12月、ケビン・ミッチェル(英)を下して暫定王者になった。

Related article
関連記事