日本語

Home > ニュース > 安藤麻里がサモラに挑戦、板垣幸司は世界3位と
ニュース

2016年3月15日 火曜日

安藤麻里がサモラに挑戦、板垣幸司は世界3位と

■元WBC女子ミニマム級チャンピオンの安藤麻里(フュチュール)がメキシコで勝負。19日(日本時間20日)同国のトルーカでイベス・サモラ(メキシコ)の持つWBC女子世界L・フライ級王座にアタックする。サモラは24勝9KO5敗で6度目の防衛戦。安藤(12勝5KO8敗)は平山靖会長とともにすでに現地入りしており、コンディション調整も順調のようだ。

世界挑戦に向けメキシコ入りした安藤(右)と平山会長

■同日、韓国のソウルでは日本S・バンタム級14位の川島翔平(真正)がリム・ジンウク(韓)と10回戦を行う。川島は2014年の全日本新人王で、ここまで12勝3KO2分無敗の戦績。相手のリムは7勝1KO3敗5分。

■プロとアマのトレーナーとして活躍し、2013年に亡くなった梅津正彦さん(享年44)のドキュメンタリー番組、本当にあった幸せ物語『もう一度、会いたい~亡き夫の人生を追って~』が3月17日(木)21時からNHK-BS1で放送される。50分番組。テレビディレクターでもある梅津さんの妻が、葬儀の記帳名簿を頼りに“夫を探す”旅に出る。故人と親交のあった映画監督の北野武、俳優の高橋克典らが登場。

■日本L・フライ級5位の板垣幸司(広島三栄)がチャレンジマッチ。4月24日、地元の広島マリーナホップで行われる10回戦にWBC世界L・フライ級3位のレイ・ロレト(比)を招く。ロレト(21勝13KO13敗)は負けも多いが近年は好調で、ポンサワン・ポープラムック(タイ)やヌコシナティ・ジョイ(南ア)の元世界王者を連破している。板垣は17勝6KO9敗2分。

Related

関連記事