0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年4月8日金曜日

ジョシュア優位の予想、今週末マーティンに挑戦

 ヘビー級のプロスペクト、アンソニー・ジョシュア(英=写真左)が王者チャールズ・マーティン(米=写真右)に挑むIBF世界ヘビー級タイトルマッチが9日(日本時間10日)、英ロンドンのO2アリーナでゴングとなる。5日に現地で記者会見が開かれた。

 ロンドン五輪スーパー・ヘビー級金メダリストで2013年にプロデビューしたジョシュアは、身長198センチの体格を生かし、ここまで15勝15KO無敗のパーフェクトレコード。キャリア不足を指摘する声もあるが、地元で迎える世界初挑戦に向け「ベストな人間が頂点に立つ」と必勝を誓った。

 王者マーティンは1月、統一王者タイソン・ヒューリー(英)の王座はく奪に伴う王座決定戦でヤケスラフ・グラズコフ(ウクライナ)に勝利して王座獲得。ここまでの戦績は23勝21KO1分。サウスポー王者も身長196センチと体格では負けていない。記者会見では「私の実力を疑問視する人が間違っていることを証明するためにここに来た」とキッパリ。実力を軽視されていることを発奮材料としている。

 マーティンが自覚しているように下馬評はジョシュアが優勢。英国のオッズメーカー、ウイリアムヒルは、ジョシュアの勝利に1.22倍、マーティンに4.50倍というオッズをつけている。