0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年7月31日日曜日

ジェイコブスはモーラと再戦、五輪出場ヌジカム勝利

■WBA世界ミドル級“レギュラー”王者ダニエル・ジェイコブス(米)が9月9日、ペンシルバニア州リーディングで、元WBC世界S・ウェルター級王者セルジオ・モーラ(米)と4度目の防衛戦を行う。両者は2015年8月、ジェイコブスの2度目の防衛戦で拳を交え、互いに初回にダウンを奪う熱戦を展開。2回にダウンしたモーラが右足首を痛め、ジェイコブスの2回TKO勝ちとなった。

■カメルーン代表でリオデジャネイロ五輪出場を決めているハッサン・ヌダム・ヌジカム(カメルーン=仏)が五輪開幕が1週間後に迫った現地時間30日、フランスのル・カネのリングに登場。トマシュ・ガルグラ(ポーランド)に7回TKO勝ちを収めた。リオ五輪のボクシング競技は8月6日にスタートする。

■英国リーズのファースト・ダイレクト・アリーナで現地時間30日、WBCフェザー級1位ジョシュ・ウォーリントン(英)がパトリック・ヘイランド(アイルランド)に9回45秒TKO勝ち。4月地元で天笠尚(山上)に勝利しているウォーリントンは世界挑戦に前進。IBF同級王者リー・セルビーとの同国対決を目論む。戦績は24勝5KO無敗。体重超過でリングに上がったハイランドは31勝15KO3敗。

■同じリーズのリングではロンドン五輪バンタム級金メダリストでWBCライト級10位ルーク・キャンベル(英)が元IBF世界S・フェザー級王者アルヘニス・メンデス(ドミニカ共和国)に3-0判定勝ち。スコアは116-111、117-110、115-112。2回のダウンを挽回して勝利のキャンベルはWBCシルバー・ライト級王座を獲得。戦績は14勝11KO1敗。