2016年8月6日土曜日

ウォードがあすブランド戦、コバレフも観戦

  前WBA世界S・ミドル級スーパー王者のアンドレ・ウォード(米)があす6日(日本時間5日)、米オークランドのオラクル・アリーナにアレクサンデル・ブランド(コロンビア)を迎え、L・ヘビー級10回戦を行う。現地で行われた前日計量でウォードは175ポンド(79.37キロ)、ブランドは173.2ポンド(78.56キロ)をマークした。

 L・ヘビー級でIBF1位、WBAとWBOが2位、WBC4位のウォード(29勝15KO無敗)にとって今回の一戦は、11月19日に対戦が内定しているL・ヘビー級3団体統一王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)戦に向けたチューンアップファイトに位置付けられる。ウォードは「私はL・ヘビー級でチャンピオンになり、2階級制覇を達成したい。でも今は目の前の男を倒さなければならない。ブランドにとってこの試合はスーパーボウルだ」とコメント。まずはブランド戦に集中する姿勢をアピールした。この“前哨戦”はコバレフがリングサイドで観戦する予定だ。

 WBA10位、WBO13位にランクされるブランド(25勝19KO1敗)は完全なアンダードッグ。厳しい試合が予想される中「素晴らしいファイト、そしてハードワークをしたい。アンドレ・ウォードのようなチャンピオンと戦えることを光栄に思う」と殊勝にコメントしている。

 セミではIBF・S・ライト級12位、WBO同級9位にランクされる無敗のモーリス・フッカー(米=20勝15KO2分)がタイ・バーネット(米=23勝15KO4敗1分)と10回戦を行う。