May
18
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

20°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 東日本新人王準決勝、11.13決勝進出者出そろう

東日本新人王準決勝、11.13決勝進出者出そろう

2016年10月5日 23時14分

 東日本新人王の準決勝が5日、後楽園ホールで行われた。この日試合のあった10階級の勝者と、試合が中止となった2階級を合わせた12選手が11月13日に行われる決勝戦への進出を決めた。試合はすべて4回戦。結果は左側が勝者。

ライト級で決勝進出を決めた石井

ミニマム級 長谷部守里(三迫)[TKO1回1分32秒]松本憲治(沼田)
L・フライ級 郡司勇也(帝拳)[3-0(40-36、39-37、39-38)]須藤大介(三迫)
フライ級 山田大輔(REBOOT)[3-0(40-36×2、39-37)]稲葉直樹(ピューマ渡久地)
S・フライ級 友利優貴富(シュウ)[3-0(38-37×3)]今川未来(木更津グリーンベイ)
バンタム級 新島聖人(帝拳)[TKO2回1分8秒]松本英一(TEAM10COUNT)
S・バンタム級 松本竜也(角海老宝石)[TKO1回1分43秒]宮地隆佳(石川ジム立川)
フェザー級 新座宏(フラッシュ赤羽)[3-0]乾諒介(花形)

S・フェザー級の粟田(右)は競り勝って決勝へ

S・フェザー級 粟田祐之(KG大和)[2-0]廣濱慎太郎(伴流)
ライト級 石井龍輝(船橋ドラゴン)[KO3回44秒]久保宗義(伴流)
S・ライト級 小林孝彦(TEAM10COUNT)[KO1回]亀山磊輝(協栄)

【試合中止により決勝進出の選手】 ウェルター級=辻本純兵(帝拳)、ミドル級=會津タツヤ(川崎新田)

Related article
関連記事