2016年10月12日水曜日

12.24日本M級暫定戦、大竹秀典は11.16登場

■王者の西田光(川崎新田)の戦線離脱により開催が決まっていた日本ミドル級暫定王座決定戦の日程が12月24日、後楽園ホールの昼興行(第1試合午前11時開始)で行われることに。同級1位の胡朋宏(横浜光)と2位の淵上誠(八王寺中屋)が11日、後楽園ホールの横浜光ジム興行でフェイスオフ。元日本王者の胡は「早く日本王者に戻りたい。仮免許みたいな試合はすぐに終わらせたい」と淵上を挑発。元日本・OPBF王者の淵上は「勝っても負けてもKO。ミドル級らしい迫力ある試合を見せる」と応じた。

■元日本S・バンタム級王者でIBF世界フェザー級14位の大竹秀典(金子)が11月16日、後楽園ホールの「ゴールデンチャイルドボクシングvol.118」のメインイベントに登場。ベネズエラ・バンタム級2位のアレクサンドル・エスピノサ(11勝10KO8敗1分)と対戦する。大竹2014年11月の世界挑戦失敗後、これが5戦目。アンダーカードには日本ウェルター級7位の藤中周作(金子)が8回戦に出場(対戦相手未定)。OPBFミドル級8位の細川チャーリー忍(金子)は同級6回戦で清野航(石橋)と対戦。

■緑ジム主催の「GREEN Dream vol.3」が11月6日、名古屋国際会議場で開催。メインのS・ライト級10回戦は、元日本ランカーの小出大貴(緑)が日本同級12位の岡崎祐也(中内)と対戦。セミでは日本S・ウェルター級4位の丸木凌介(天熊丸木)と12位のエルフェロス・ベガ(MSG)が同級10回戦を行う。丸木は7月、日本王者の野中悠樹(井岡弘樹)に挑戦して敗れ、今回が再起戦。丸木の兄・和也は田岡大(タキザワ)と8回戦。