July
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

32°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > メイウェザーのKO勝ちめぐり騒然

メイウェザーのKO勝ちめぐり騒然

2011年9月18日 15時00分

 フロイド・メイウェザー(米)が4回KO勝ちでビクトル・オルティス(米)を下し、無敗を守るとともにWBC世界ウェルター級王座を獲得したが、結末をめぐり大きな論議を巻き起こした。
 17日(現地時間)ラスベガスのMGMグランドで行われた同タイトル戦は挑戦者メイウェザーがスタートからタイミングのいい右カウンターを決めるも、ディフェンディング・チャンピオンのオルティスが激しい闘志で突進。無敵メイウェザーをロープへ追い込み奮戦する。迎えた4回、やや優勢だったメイウェザーにオルティスが猛ラッシュをかけ、会場が沸く。しかしエキサイトしたオルティスは頭突きを見舞い、ジョー・コルテス主審から減点1。再開後、ハグしてエクスキューズしようとしたオルティスに、メイウェザー怒りの?ワンツーが炸裂。もんどり打って倒れたオルティスはダメージが深く、カウントアウトされた。KOタイムは2分59秒。
 メイウェザーのパンチはスポーツマンシップに反するものと取れるが、「常に自身をプロテクトせよ」という試合前の主審の注意からすると、反論できないものがある。オルティスと彼の陣営から強い抗議はなかったものの、観衆のブーイングは収まらなかった。
 試合後のリングでHBOの名物コメンテーター、ラリー・マーチャントのインタビューを受けたメイウェザーは激しいやり取りを繰り広げていた。(三浦勝夫)

Related article
関連記事