日本語

Home > ニュース > ロマチェンコvsウォータース、今週末いよいよ激突
ニュース

2016年11月23日 水曜日

ロマチェンコvsウォータース、今週末いよいよ激突

 S・フェザー級の注目対決、WBO世界同級タイトルマッチが26日(日本時間27日)米ラスベガスのコスモポリタン・オブ・ラスベガスで行われる。2階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と挑戦者で元WBA世界フェザー級“スーパー”王者ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)が21日、現地でメディアのインタビューに応じ、22日には練習を公開した。

パッキャオ戦の声も上がるロマチェンコ

ロマチェンコ「これは私にとってとても重要な試合になる。なぜなら専門家も多くのファもウォータースがこのクラスで最も上位に位置するボクサーだと考えているからだ。最初の4ラウンドはハードだと思う。そこから試合をコントロールしていきたい」

ウォータース「私はロマチェンコがサリドに負けたときと違うとは思わない。同じロマチェンコだ。彼はテクニックを駆使する。そして私はこれまでもそうだったように、戦士のように戦う。土曜日に素晴らしいショーをお見せする」

ウォータースの強打は炸裂するのか!?

 五輪2大会連続金メダリストのロマチェンコ(6勝4KO1敗)はプロ2戦目でオルランド・サリドにまさかの敗戦を喫したが、その後は難なく2階級制覇を達成。アマ最強と言われた男の確かな技巧は群を抜いている。復帰したマニー・パッキャオ(比)の対戦候補としても名前が挙がっている。

 一方の“アックス・マン”ウォータース(26勝21KO1分)は荒々しい強打が売り。戦前の予想はロマチェンコ有利と言われているだけに、ウクライナ人撃破で一気に株を上げたいところだ。  プロモーターのトップランク社、ボブ・アラム氏によると、このイベントが同氏がてがける記念すべき2000回目のイベントとのこと。同氏は「2000回にふさわしい対決だ」とご機嫌に話した。Photos:Mary Ann Owen/Top Rank

Related

関連記事