0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年1月24日火曜日

村田諒太が今週末ゲスト解説、大内淳雅は引退式

■WBAミドル級2位の村田諒太(帝拳=写真左)が29日午前11時からWOWOWプライムで放送の「エキサイトマッチ」でゲスト解説。番組は米カリフォルニア州インディオで行われるWBC世界S・フェザー級挑戦者決定戦、三浦隆司(帝拳)vsミゲール・ローマン(メキシコ)とWBC同級タイトルマッチ、王者フランシスコ・バルガス(メキシコ)vsミゲール・ベルチェット(メキシコ)を生中継。

■姫路木下ジムが3月19日13時から兵庫県市川町文化センターひまわりホールで「BIG FIGHT BOXING vol.48 天、翔ける」を開催。同ジム所属のOPBFバンタム級7位、清瀬天太(姫路木下)とOPBFフェザー級13位の芹澤天明の“天天コンビ”がそろって出場する。メインの清瀬は日本同級12位の東泰誠(真正)と、セミの芹澤は山本拓哉(エディタウンゼント)と対戦。

■市川町の興行では日本L・フライ級8位の大内淳雅(31歳=姫路木下、写真右)の引退式も行われる。2003年にプロデビューの大内は俊敏さを生かしたボクシングが売りで、12年に日本L・フライ級王者の黒田雅之(川崎新田)に挑戦して惜しくもドロー。その後連敗もあったが、昨年8月に日本同級王者の拳四朗(BMB)に挑戦(兼OPBF王座決定戦)して12回判定負け。この試合がラストファイトとなった。生涯戦績は20勝6KO9敗3分。