日本語

Home > ニュース > 長井一が元世界王者戦、堺東ミツキ勢は沖縄合宿
ニュース

2017年2月1日 水曜日

長井一が元世界王者戦、堺東ミツキ勢は沖縄合宿

 ■日本S・フライ級10位の長井一(ワタナベ)が2月4日、メキシコのカンクンでWBOフライ級3位のフランシスコ・ロドリゲスJr(メキシコ)と対戦。ロドリゲス(20勝13KO4敗)は元WBO&IBF世界ミニマム級王者。2014年に高山勝成(仲里)と世界タイトルマッチを争い、IBF王座を獲得した。現在はフライ級を主戦場とする。初の海外遠征となる長井(14勝4KO7敗2分)は元世界王者撃破と世界ランキング獲得を目指す。

右が女子世界王者の好川菜々ら堺東ミツキの面々

■堺東ミツキジムのWBO女子世界フライ級王者の好川菜々、WBOアジアパシフィックS・フライ級暫定王者の川口勝太、2016年全日本ミニマム級新人王の冨田大樹が沖縄・石垣島で合宿中。31日には石垣市の中山義隆市長を表敬訪問し、市長から激励を受けた。3選手は4月に試合を予定している。

Related

関連記事