日本語

Home > ニュース > 「目ざすは東京五輪金メダル!」 MVP堤駿斗
ニュース

2017年2月13日 月曜日

「目ざすは東京五輪金メダル!」 MVP堤駿斗

 アマチュアボクシングの2016年年間優秀選手表彰式が12日、日連臨時総会の開催された大阪市内のホテルで催され、最優秀選手(MVP)に選ばれた堤駿斗(習志野高校・17歳)ら各賞の受賞者が表彰された。

各賞の受賞者。左から2人目が堤、中央は山根会長

 昨年12月のユース世界選手権大会でフライ級に出場し金メダルを獲得したことが評価されアマチュアボクシング史上初めて高校生としてMVPに選ばれた堤は、受賞者を代表してスピーチに立ち、「自分を支えて下さった人たちへの感謝の気持ちを忘れずに、これからも日々精進し、目標に向かって全力で頑張りたい」とあいさつ。

 その目標を聞かれると、「東京オリンピックで金メダルを獲得すること」と答えた。なお堤は今後バンタム級に上げて戦うことも明らかにしている。

Related

関連記事