2017年3月25日土曜日

リナレスvsクローラあす再戦、英マンチェスター

 25日(日本時間26日)英国マンチェスターのマンチェスター・アリーナで挙行されるWBA世界ライト級タイトルマッチの計量が24日行われ、王者ホルへ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)、挑戦者アンソニー・クローラ(英)ともリミット半ポンド・アンダーの134ポンド1/2(61.01キロ)をマークして合格した。リナレスは同級WBCダイヤモンドベルト、リング誌ベルトも保持している。

 両者は昨年9月24日、同アリーナで対戦。WBA王者だったクローラとWBC休養王者だったリナレスが事実上の統一戦で顔を合わせた。リナレスは中盤、右拳を痛めるアクシデントがあったものの、終盤スパートしてゴールイン。ポイントは1、2、6点差とバラつきがあったが、明白な3-0判定勝利を得た。前回ややクローラ有利と出ていた予想賭け率は今回、9-4ほどでリナレスに傾いている。

 全米に試合を放送するショータイムは、この一戦の勝者との対決が有力なWBC正規王者マイキー・ガルシア(米)がゲスト解説を務める。どちらが勝っても統一戦となるだけに、見逃せない一戦となる。Photo:Lawrence Lustig/Matchroom