2017年5月4日木曜日

ハスキンスがホープとV3戦、シリモンコン95戦目

■6月10日に北アイルランドのベルファストでゴングとなるIBF世界バンタム級タイトルマッチの記者会見が3日開催され、王者リー・ハスキンス(英)と挑戦者12位ライアン・バーネット(英)が顔を合わせた。15年6月に岩佐亮佑(セレス)との暫定王座決定戦を制し、正規王者に昇格して2度の防衛を成功させているハスキンス(34勝14KO3敗)に対し、新鋭バーネット(16勝9KO無敗)は地元で世界初挑戦。Photo/BoxingScene.com

■日本でもお馴染みの元世界王者シリモンコン・シンワンチャー(タイ)が5月27日、シンガポールのリングに登場。40歳目前のシリモンコンは2月の試合で連勝が48で止まり、キャリア95戦目が再起戦。かつてバンタム級、S・フェザー級で世界を制したベテランはS・ウェルター級で地域王座を争う。対戦相手のラリー・スィウー(インドネシア)は4月13日、後楽園ホールでS・ライト級世界ランカーの小原佳太(三迫)と対戦し、敗れはしたものの善戦といえる内容だった。

■IBFはミドル級1位トレアノ・ジョンソン(米)と2位セルゲイ・デレフヤンチェンコ(ウクライナ)に王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)への指名挑戦者決定戦をオーダー。ボクシングシーンの報道。ジョンソンは15年10月に指名挑戦権を獲得したが、肩を負傷して18か月のブランクを作っている。はたして交渉は成立するか。