日本語

Home > ニュース > 亀海喜寛「渡米直前の状態に近い」調整に手ごたえ
ニュース

2017年8月22日 火曜日

亀海喜寛「渡米直前の状態に近い」調整に手ごたえ

 米ロサンゼルス入りしたWBO世界S・ウェルター級6位の亀海喜寛(帝拳)が現地時間21日、26日にカーソンのスタブハブ・センターでゴングとなるミゲール・コット(プエルトリコ)とのWBO世界同級王座決定戦に向けて最終調整に励んでいる。米国2日目の様子が現地から届いた。

スイートサイエンスジムで練習する亀海

 前日が日曜日だっため、実質的に初日となった21日は、起床直後にVADAの抜き打ちドーピング検査、午前中にメディカルチェック、電話によるインタビューというスケジュール。午後から市内のスイートサイエンスジムでジムワークを行い、夕方にはホテル内のスポーツ施設で1時間ほどのトレーニングを行った。

 亀海は「昨晩は1度早朝に目が覚めましたがすぐに睡眠を取り直し、しっかり熟睡することができた」と機内で1時間しか寝ない時差対対策に効果があったと実感。「トレッドミルもスピードを上げられたし、ジムワークでも手数がしっかり出せて、渡米直前の状態にほぼ近いところまで来ている手ごたえがある」と頼もしいコメントを寄せた。

 食事もサラダ中心に普通に食べているとのことで「あすはさらにコンディションもよくなると思う」。コット撃破に向けた最終調整が続く。=写真提供:帝拳ジム=

Related

関連記事