0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年11月4日土曜日

加藤善孝が引退式、元日本&OPBFライト級王者

 元日本、OPBFライト級王者の加藤善孝(32歳=角海老宝石)が4日、後楽園ホールで開催された「ダイナミックグローブ」で引退式を行った。

 家族とともにリングインした加藤は「高卒でボクシングを始めて、遅いスタートだったが、ここまでこれたのは会長をはじめ応援してくれたみなさんのおかげ。本当にありがとうございました」とファンにあいさつ。惜別の10ゴングを聞いた。

 04年にプロデビューした加藤はコツコツとキャリアを重ね、11年に日本ライト級王座決定戦を制して日本タイトルを獲得。以後、フィジカルの強さと強固なディフェンスを武器に7度の防衛を成功させた。13年にはOPBF同級タイトルも獲得、2冠王者となった。

 14年に日本タイトルを返上し、世界挑戦に照準を絞り、海外遠征をして世界ランカーと対戦するなどしたが、世界の舞台には最後まで立てなかった。今年4月、現日本ライト級王者の吉野修一郎(三迫)に敗れた試合がラストファイトとなった。生涯戦績は30勝9KO8敗2分。