April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > コット「リングに未練ない」最終戦に向け公開練習

コット「リングに未練ない」最終戦に向け公開練習

2017年11月21日 17時32分

 12月2日ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで最終戦を予定する4階級制覇王者ミゲル・コット(プエルトリコ)が20日(日本時間21日)調整拠点とするロサンゼルスのワイルドカードジムでメディア向けにトレーニングを行った。コットは挑戦者サダム・アリ(米)を相手に亀海喜寛(帝拳)との決定戦で獲得したWBO世界S・ウェルター級王座の防衛戦を行う。

最終戦に向け調整に余念のないコット

 フレディ・ローチ・トレーナーとのミット打ち、スピードボール打ちなどのメニューを披露したコットは「キャンプは最後の段階だけど、リングにノスタルジーは感じていない。ボクシングが与えてくれたものに感謝し、今後は子供たちと過ごす時間を持ちたい」とコメント。アリ戦をグランドフィナーレにする気持ちに変化はないようだ。

 この日はセミでWBC世界S・バンタム級王者レイ・バルガス(メキシコ)に挑戦するオスカル・ネグレテ(コロンビア=NABFバンタム級王者)もトレーニング。「バルガスは無敵ではない。私はまだ無名だけど、勝利に突き進んでいると確信している」とアップセットを誓った。Photo by Tom Hogan/Hogan Photos/Golden Boy Promotions

Related article
関連記事