2017年12月24日日曜日

Fe級ホープの上原拓哉、無傷の14連勝マーク

 アポロジム主催の「第93回APOLO KO LIVE」は24日、大阪市城東区民センターで開かれ、メインに登場の前WBCユース・フェザー級王者で日本同級14位の上原拓哉(アポロ)が山本拓哉(エディタウンゼント)に3-0の判定勝ちを収めた。

 上原は右ジャブで距離を取って軽いフットワークで山本の接近を許さない立ち上がり。山本の動きをよく見て、ワンツーをヒットした。

 上原の打ち終わりに右を合わせる山本は5回、右ストレートをヒットして挽回を図ったが、上原のフットワークについていけなかった。7、8回と連打を放った上原はデビューから14連勝(8KO)。

「山本選手にはスパーリングでやられたことがあるので、気持ちで負けないように戦った。実力はまだまだなので、来年はもっと力をつけていきます」とリング上で抱負を語った。山本は9勝4KO7敗。

 セミのS・フェザー級8回戦は、元関西学院大ボクシング部主将の宮本知彰(アポロ)が大振りのタイ人選手を2回につかまえ、ボディを乱打してKO勝ちした。宮本は5勝4KO1敗で、「来年は日本ランカーを目標に頑張ります」。

◇57.6キロ8回戦
上原拓哉(アポロ)[3-0(79-74、78-74、79-75)]山本拓哉(エディタウンゼント)

◇S・フェザー級8回戦
宮本知彰(アポロ)[KO2回2分25秒]ノン・シットサイトーン(タイ)

◇女子ミニ・フライ級6回戦
荒瀬あかり(ヨシヤマ)[3-0(57-56、58-55×2)]一村更紗(堺東ミツキ)