2017年12月25日月曜日

ペドロサが拳四朗を挑発「田口が一番強い」

 30日横浜文化体育館でWBC世界L・フライ級チャンピオンの拳四朗(BMB)に挑戦する同級11位のヒルベルト・ペドロサ(パナマ)が25日、東京・神楽坂の帝拳ジムで練習を公開した。

 コロンビア国境近くの熱帯雨林、「銃弾も飛び交う」という危険な地域で育ったペドロサは、先住民の血を引き、スペイン語よりも部族の言葉が得意とのこと。それもあってか、会見では主にトレーナーのフリオ・セサール・アルチボルト氏がしゃべったが、今後の目標を問われると、スペイン語ではっきりと答えた。

「拳四朗との試合は、私の中で勝つことが決まっている。そのあとにWBA王者と統一戦をやりたい」と31日にIBF王者ミラン・メリンド(比)と統一戦を行うWBA王者、田口良一(ワタナベ)の名を上げて対戦をアピール。その理由を「現時点では(このクラスで)田口が一番強いと思う。拳四朗ではない。私はベストの選手と試合がしたい」と言い切った。

 拳四朗の印象となると、やはり口を開いたのはアルチボルト氏。「日本人選手はハートの強い選手が多いが、拳四朗はリングをまわるイメージ。バッティングが多いという印象もある」と軽いジャブ。自身がサポートするペドロサに関しては、好戦的で前に出るファイターであることを盛んにアピールした。

 練習を視察した寺地永会長は「相手は初回からガンガンくると思うので、こちらも迎撃態勢をしっかり整えたい」とコメント。「田口のほうが強い」発言については、「もっと言ってくれたほうが盛り上がると思いますよ」と余裕だった。