日本語

Home > ニュース > ぬきてるみ世界王座獲得ならず、IBF女子S・フライ級

WOWOWO井上

WOWOWO井上
ニュース

2018年2月18日 日曜日

ぬきてるみ世界王座獲得ならず、IBF女子S・フライ級

 IBF女子世界S・フライ級タイトルマッチが17日(現地時間18日)アルゼンチンのネウケン州クトラルコで行われ、同級1位の挑戦者ぬきてるみ(29=井岡弘樹)は王者デボラ・ディオニシウス(29=アルゼンチン)に0-3判定負けで王座獲得はならなかった。スコアは99-91×2、98-92。

ぬき(右)は主導権を握れず判定負け

 現地からの情報によると、ぬきは手数を出そうとするが、ディオニシウスのフットワークにパンチを交わされ、単発に終わり、主導権をつかむことができなかった。ともにダウンはなかったが、デボラのスピードが上回った。

 ぬきは昨年7月、メキシコでWBC女子バンタム級王者のマリアナ・フアレス(メキシコ)に挑んだが、判定負けしており、2度目の世界挑戦も実らなかった。

 ディオニシウスは27戦全勝(6KO)で王座を11度目の防衛に成功。ぬきは9勝6KO3敗。セコンドについた桂伸二トレーナーは「何度かいいパンチが当たり、王者を苦しめたが、連打につなげることができなかった」とコメントした。=写真提供:井岡弘樹ジム=


Related

関連記事