2018年2月26日月曜日

岩佐亮佑がパワーアップ、胸囲4センチ増でV1に自信

 26日は山中×ネリ2のセミで予定されるIBF世界S・バンタム級タイトルマッチの予備検診も行われ、チャンピオン岩佐亮佑(セレス)と13位挑戦者エルネスト・サウロン(比)ともに順調な調整をうかがわせた。

 半年ぶりのリングとなる岩佐は9月の戴冠戦よりも胸囲が4センチほどアップしていた。小國以載(角海老宝石)戦後に強化したトレーニングの成果が目に見えて表れたと喜んだチャンピオン。その割に減量に響いたわけでもなく、「パワーアップしたのは間違いない」と初防衛に自信を深めている。

 視力は左右ともに0.5も上昇。これには“イーグルアイ”の異名を持つ岩佐らしく「きょうは調子よかった」と茶目っ気たっぷりに切り返した。初めて顔を合わせた挑戦者については「身長は高くないし、体も大きくない」と印象を述べた。

 サウロンは24日にフィリピンから来日したばかり。日本のメディアから取材されるのも初めてだが、「コンディションは非常にいいです。万全の調子で来ました」と小さな声で語った。時差ボケはもちろんなく、食事面の問題もないそうだ。

 マネジャー氏は「サウロンほどリングの内と外で変わる男もいない。リングの中ではアグレッシブだ」と力説。“スラッガー”の異名通りに「剛腕ぶりをリングで披露するよ」と、サウロン本人に代わって威勢がよかった。「ベストを尽くします。日本のファンに喜んでもらえるような試合をします」とはサウロン。

    岩佐    サウロン
身 長 171㎝    166㎝
頸 周 37.5㎝   37㎝
胸 囲 88㎝    89㎝
リーチ 180㎝    172㎝
視 力 左1.2右1.2 左1.5右1.0


-->