0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2018年3月16日金曜日

V1戦の山中竜也に山中慎介から激励メッセージ

 WBO世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦、WBA世界L・フライ級王座決定12回戦(18日・神戸ポートピアホテル)の調印式、記者会見が16日、神戸市の同ホテルで行われた。

 WBOミニマム級王座の初防衛を目指す王者、山中竜也(22=真正)は「試合に勝つための準備はしてきた。パンチをもらわないディフェンスをしっかり意識して、強いパンチを打てるように練習してきた」と話した。

 ジムの大先輩の3階級王者、長谷川穂積さんからは「まだ王者山中を証明していないので、これをひとつの試合と思い、勝てばいいんだ」とリラックスして戦うようアドバイス受けたという。

 また、同じ山中姓の前世界王者、山中慎介さんから「僕を超えてほしい」とメッセージを寄せられていることに「すごくうれしい」とトレードマークの笑顔を見せた。

 挑戦者の同級4位、モイセス・カジェロス(28=メキシコ)は「山中はすばらしい強いチャンピオンとして敬意を払うが、リングでは敬意は関係なく戦うだけだ。メキシコで鍛えてきたので、KOで勝つ」と強気の発言。

小西「カニサレスの顔をズタズタにしたい」

 WBA世界L・フライ級のベルトを目指す同級2位、小西伶弥(24=真正)は「試合が決まって2ヶ月間、しっかり調整した。1回級上げて、ミニマム時代に比べると体全体の回復力が付いたと思う。相手は格好いい顔つきをしているが、得意の左ボディブローから上へワンツーをヒット、顔をズタズタにしたい」と打倒・カニサレスに意欲満々。

 神戸市生まれで「地元での戦いはモチベーションが上がる。みなさんの応援でここまでこれた。必ず期待に応えます」と初の世界戦の意気込みを語った。

 同級1位のカルロス・カニサレス(24=ベネズエラ)は「十分トレーニングを積んだし、100%の体調だ。小西は無敗で強いが、私も無敗。リングで決着をつける。KOすることが勝利のカギだ」と自信あふれたコメント。

 山中は15勝4KO2敗、カジェロスは28勝16KO7敗1分。小西は15勝5KO、カニサレスは19勝16KO1分で、1分は2年前の大みそかに同級王者、田口良一(ワタナベ)に挑戦した時のもの。

 試合はCS放送のフジテレビNEXTで午後6時~9時生放送、ボクシングモバイルで生配信される(いずれも有料)。関西テレビでは1日置いた19日深夜0時25分から録画放送される(関西地区のみ)。