2018年8月24日金曜日

ドグボエ戦まであと2日 大竹が記者会見で決意表明

 米アリゾナ州グレンデールで25日(日本時間26日)に行われるイベントの記者会見が23日現地で行われ、WBO世界S・バンタム級王者アイザック・ドグボエ(ガーナ)と挑戦者6位の大竹秀典(金子)が顔をそろえた。

 これが初防衛戦となるドグボエは「大竹はフィジカルが強い。彼にとって今回は2度目の世界戦のチャンス。銃が火を噴くように向かってくるだろう。それでも私たちの準備は万全だ。私は土曜日の夜、彼をノックアウトしたい。そして年内か、来年の早い時期に統一戦をしたい」とコメント。

 一方の大竹は「こんな素晴らしいチャンスをもらえて関係者に感謝している。初めての世界タイトルマッチはイギリスで負けた。今回はチャンスを必ず生かすためにハードなトレーニングを積んできた」と決意を述べた。あすはいよいよ計量が行われる。

 メインイベントは、WBO世界ライト級王者ライムンド・ベルトラン(メキシコ)がホセ・ぺドラサ(プエルトリコ)を迎える初防衛戦。イベントの主催はトップランク社。試合の模様はESPNで全米に中継される。Photos: Mikey Williams/Top Rank