July
13
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 内山V7 悶絶ボディブローで5回KO勝ち

内山V7 悶絶ボディブローで5回KO勝ち

2013年5月6日 19時37分

 6日、大田区総合体育館で行われたダブル世界戦のメインイベント、WBA世界S・フェザー級タイトルマッチは、チャンピオン内山高志(ワタナベ)が9位の挑戦者ハイデル・パーラ(ベネズエラ)を5回2分15秒KOで下し、7度目の防衛に成功した。

 

 内山は左ジャブをていねいに突くいつも通りの立ち上がり。この日は右ストレートも初回から積極的に打っていったが、パーラは上体の動きが柔らかく、これはすぐに当たらなかった。

 挑戦者のパーラは見た目以上にパンチに伸びがあった。内山はジャブの差し合いで思いのほか優位に立てず、逆にジャブや左フックを被弾する場面もあり、右目の下を腫らした。

 五分五分の展開ながら、徐々にプレッシャーを与えた内山。試合が動いたのは4回だった。内山が右を打ちおろしてダメージを与えてラッシュ。ここでノックアウトはならなかったが、フィニッシュは5回に訪れた。両者の距離が接近した瞬間、内山の左ボディブローがレバーに炸裂すると、パーラはキャンバスにうずくまって悶絶。レフェリーがテンカウントを数えた。

 
内山がフィニッシュのボディブローを決めた瞬間

 内山(33)は20勝17KO1分。パーラ(30)は20勝10KO1敗1分。

Related article
関連記事