2019年5月26日日曜日

久保隼は6回TKO負け WBAフェザー級獲得ならず

 中国撫州市で26日、WBA世界フェザー級タイトルマッチが行われ、前WBA・S・バンタム級王者の久保隼(真正)がチャンピオン徐燦(シュ・ツァン=中国)に6回1分16秒TKO負け。2階級制覇はならなかった。

徐に追い詰められる久保、王者の前進を止められず

 サウスポーの久保は左をボディに集める作戦。体格がよくガードの高い徐に左のボディアッパーは当たったが、これがどれほど後半に効いてくるのかが心配された。

 徐は一発のパワーがなく、コツコツとパンチを繰り出すタイプ。久保は冷静に戦っているが、初回から正面に立ちがちで左フック、右ストレートをあっさりもらうところが気になる。

 4回に入ると徐がピッチを上げ、さらに手数を増して久保に迫る。5回にはワンツー、右ストレートを立て続けにヒット。劣勢を強いられた久保は左フックを食らってダウンを喫した。

 久保は6回、勝負をかけようとしたが、徐の連打をもらい、右ストレートを被弾したところで主審が試合を止めた。

久保は5回にダウンを喫した

 久保は17年4月、ネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)を下してWBA・S・バンタム級王座を獲得。同年9月の初防衛戦で現2冠王者のダニエル・ローマン(米)に敗れて王座陥落。今回は階級を上げて王座復帰を狙ったがならなかった。戦績は13勝9KO2敗。

 地元で初防衛成功の徐は17勝3KO2敗。久保にいいところを出させず、会心の勝利だった。


-->