2019年5月27日月曜日

日本人世界チャンピオンまとめ 5月世界戦は1勝6敗

 日本時間26日は伊藤雅雪(横浜光)の王座陥落、前世界チャンピオンの久保隼(真正)と木村翔(青木)が2階級制覇ならずで日本人選手の世界タイトルマッチは3連敗に終わった。

圧倒的な存在感を見せつける井上 Photo/SUMIO YAMADA

 世界戦が目白押しだった5月、26日終了時点でタイトルマッチに勝利した日本人選手は英グラスゴーでバンタム級2冠王者となった井上尚弥(大橋)のみ。5月の世界戦はここまで7試合で1勝6敗という戦績だった。

 さらに31日にタイで福原辰弥(本田フィットネス)がWBCミニマム級王者ワンヘン・ミナヨーティン(タイ)に挑戦するが結果はいかに。以下、現在の日本人世界王者6人と決まっているスケジュール。

■日本人現役世界王者
WBA・L・フライ級スーパー 京口紘人(ワタナベ)
※6.19幕張メッセでタナワット・ナコーンとV1戦

WBC・L・フライ級 拳四朗(BMB)
※7.12エディオンアリーナ大阪でジョナサン・タコニンとV6戦

WBOフライ級 田中恒成(畑中)

WBA・IBFバンタム級 井上尚弥(大橋)
WBCバンタム級暫定 井上拓真(大橋)

WBC・S・バンタム級暫定 亀田和毅(協栄)
※7.13米国で正規王者レイ・バルガスと王座統一戦