2019年8月15日木曜日

ヘビー級戦線に動き ヒューリー9.14復帰第2戦 
ルイスはジョシュアとの再戦に難クセ?

■元ヘビー級統一王者タイソン・ヒューリー(英)が9月14日米ラスベガスのT-モバイル・アリーナに登場。WBA4位のオト・ヴァリン(スウェーデン)と対戦する。主催のトップランクが発表した。

昨年トップランクと契約したヒューリーは米国3戦目。無敗ながら無名ヴァリン(20勝13KO1無効試合)をしっかり退け、18年12月にドローに終わったWBC王者デオンタイ・ワイルダー(米)とのリマッチなど、ビッグマッチ実現の機運を高めたいところだ。

■12月7日サウジアラビア開催が発表されたばかりのヘビー級統一戦、3冠王者アンディ・ルイスJr(米=メキシコ)vs前王者アンソニー・ジョシュア(英)について、ルイスがSNSでアメリカ開催を主張。ESPNデポルテスの取材に対し「まだ契約書にサインはしていない」とも発言し、物議をかもしている。

一方、記者会見までルイスvsジョシュアⅡを発表したジョシュアのプロモーター、エディ・ハーン氏は、契約は成立しており、9月初旬にロンドンやニューヨークで記者会見を開く手はずになっていると主張している。6月に大番狂わせでジョシュアを下した“シンデレラボーイ”のルイス。再戦そのものには反対していないようだが…。

■もう一つヘビー級のニュース。WBC王者ワイルダーと元WBA暫定王者ルイス・オルティス(キューバ)のリマッチが11月23日、ラスベガス開催で調整に入っているとボクシングシーンが報じた。両者は18年3月に対戦してワイルダーが10回TKO勝ちしながらも、オルティスがワイルダーを追い込むシーンもあるエキサイティングな内容で、第2戦に期待が集まっている。