0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年8月16日金曜日

S・ライト級名王者チューの息子14連勝

■14日、豪州シドニーに2世ボクサー、ティム・チュー(豪)が登場。IBF・S・ウェルター級9位ドワイト・リッチー(豪)に3-0判定勝ちでIBF豪州S・ウェルター級王座を獲得した。スコアは97-93、98-92、98-93。S・ライト級名王者コンスタンチン・チューの息子ティム(24)は14勝10KO無敗。WBA・S・ウェルター級15位にランクされる。

■元WBO世界S・ウェルター級王者リアム・スミス(英)が8月24日、WBC世界S・フライ級王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)がメインを張るメキシコ・エルモシーヨのリングに参戦。マリオ・アルベルト・ロサノ(メキシコ)と対戦する。イベントを主催する英国のマッチルーム・ボクシングが、イベントのてこ入れに元世界王者を投入した形だ。

■“比類なき”世界クルーザー級王者からヘビー級に転向するオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)の試合が再度アナウンスされた。日程は10月12日シカゴと変わらないものの、相手を務める予定のカルロス・タカム(カメルーン=フランス)が負傷で辞退。別の相手が選ばれることになった。