2019年9月5日木曜日

8月のMVPは竹迫司登 勅使河原弘晶が敢闘賞

 東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は5日、8月の月間三賞を発表した。最優秀選手賞には日本ミドル級チャンピオンの竹迫司登(ワールドS)が選ばれた。

ダイレクトリマッチを制してMVPの竹迫(右)

 竹迫は3日に行われた防衛戦で、3月にドローに終わっている加藤収二(中野サイトウ)とダイレクトリマッチ。前回、デビューからの連続KO勝利を10で止められた相手を8回TKOで下し、3度目の防衛に成功した。

勅使河原(右)は難敵の大森を退けた

 敢闘賞はOPBF・S・バンタム級チャンピオンの勅使河原弘晶(輪島功一S)。勅使河原は8日、元日本バンタム級王者の大森将平(ウォズ)と世界ランカー対決に臨み、最終回にTKOを呼び込んでV2を達成した試合が評価された。

 新鋭賞に選ばれたのは鈴木雅弘(ワールドS)。東農大出身でプロ3戦目の鈴木は日本ライト級6位の有岡康輔(三迫)に2回TKO勝ち。この勝利で日本ライト級7位にランクされた。表彰式は10月26日、後楽園ホール「チャンピオンカーニバル最強挑戦者決定戦」で行われる。