2019年9月13日金曜日

内山高志KODトーナメント KO賞金アップ 
メイウェザー氏も全面協力約束

 元WBA世界S・フェザー級世界王者の内山高志さんと元PFPキングのフロイド・メイウェザー氏が13日、東京・日本橋のTMT JAPANで記者会見を開き、10月19日に後楽園ホールで開幕する「内山高志 presents KNOCK OUT DINAMITE 賞金マッチトーナメント」の出場選手と組み合わせを発表した。

メイウェザー氏と並び「緊張した」と内山さん

 大会は短いラウンドでファンにKOの醍醐味を楽しんでもらおうと、KOのイメージが強い内山さんにアンバサダーを依頼。56キロ、60キロ、65キロの3階級にそれぞれ4人が出場するトーナメントの組み合わせが決まり、内山さんは「出場選手にはKO率の高いボクサーを選んだ。短いラウンドでスリリングな試合になればいいと思う」と大会をアピールした。

 メイウェザー氏は今回の大会に直接絡むわけではないが、「メイウェザープロモーションの選手を参加させたい」と全面協力を約束した。TMT JAPANは今回もスポンサー集めなどで大会に協力している。引退したとはいえボクシング界のビッグスターと対面した内山さんは「現役時代の記者会見より緊張した」と苦笑いしていた。

 なお、試合はすべて5回戦で、優勝賞金は各階級50万円で、KO賞は発表時からアップされて1回KOが50万円、2回が30万円、3回15万円、4回10万円、5回5万円となっている。試合の組み合わせは以下の通り。外国人選手枠はモンゴルやフィリピンの強打者を予定しているという。

■トーナメント組み合わせ
◇56キロ
佐々木蓮(ワタナベ=9勝6KO)日本フェザー級10位
vs
伊集盛尚(琉豊=11勝9KO4敗)

若松竜太(勝又=12勝9KO14敗1分)日本バンタム級18位
Vs
山内祐季(真正=3勝2KO)アマ高校3冠、国体優勝

◇60キロ
高畑里望(ドリーム=15勝6KO8敗1分)日本S・フェザー級11位
Vs
外国人枠

伊藤弘一(黒崎KANAO=11勝10KO7敗3分)
Vs
外国人枠

◇65キロ
デスティノ・ジャパン(ピューマ渡久地=25勝23KO5敗2分)日本S・ライト級8位
Vs
宮崎辰也(マナベ=9勝9KO12敗1分)

藤中周作(金子=16勝11KO11敗2分)
Vs
外国人枠

 なお、メイウェザー氏はこれに先立ち、TMT JAPANが日本で展開するビジネスなどを説明。自身が昨年大みそかに出場したエキシビションマッチを「4万人も集まってもらい、去年は大成功だった」と振り返った上で、「今年も年末にできればと思っている。エキシビションという形で実現するかもしれない。対戦相手の名前は上がっているが、ここでは話せない」とした。