2019年9月14日土曜日

対戦相手が逮捕 期待の星ガルシアの試合中止

 米カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツ・パークで14日(日本時間15日)開催されるゴールデンボーイプロモーションズ(GBP)のイベントの前日計量が現地で行われ、ライト級10回戦に出場予定だったGBPのホープ、ライアン・ガルシア(米)は135ポンドで合格したが、対戦相手のアベリー・スパロウ(米)が計量を欠席。この日の朝、逮捕されていたことが明らかになり、試合は中止となった。

王者ムンギア(左)と挑戦者アロティ、こちらは無事開催だ

 ESPNがスパロウのプロモーター、ラッセル・ぺレス氏に取材したところ、スパロウは4月、家庭内で銃を振り回した容疑で逮捕された。ぺレス氏とGBPは事前にスパロウの状況を把握し、試合に出られるよう当局と取引しようとしたが、13日の朝に逮捕されてしまったという。

 これを受けてGBPはガルシアに対し、同じ興行の前座に出場するロメロ・デュノ(比)との対戦を打診。デュノ陣営はOKしたもののガルシア陣営がこれを断ったという。ただし、ガルシアはデュノとの試合を望んでいたとの報道もあり、このあたりははっきりしないところだ。

 21歳のガルシアは18勝15KO無敗で、GBPトップのオスカー・デラホーヤ氏の現役時代のニックネームにちなみ“ゴールデンボーイ2世”とも言われる期待の選手で、ランキングはWBAライト級4位まで上昇している。計量までしながら突如試合がなくなり、ショックを受けているという。

 メインイベントのWBO世界S・ウェルター級タイトルマッチの計量は問題なしで、5度目の防衛戦を迎える王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)がリミットの154ポンド(69.8キロ)、挑戦者13位のパトリック・アロティ(ガーナ)が153ポンド(69.4キロ)であすの試合に進んだ。Photos by Tom Hogan/Hogan Photos/GBP