2019年10月9日水曜日

井上拓真はウーバーリ攻略に自信「早く試合したい」

 WBC世界バンタム級暫定王者の井上拓真(大橋)も11月7日、さいたまスーパーアリーナで行われるWBC同級正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)との団体内統一戦に向け、9日の練習後にメディアの取材に応じた。

リラックスした姿が印象的だった拓真

 キャリア最大の試合を迎えるという拓真だが、リラックスしている姿が印象的だ。試合当日の髪型を「WBCカラーのグリーンに染めるのか」という質問に「悩んでいるんですよね」と気軽に応じるあたりは自然な感じそのものだ。

 ピリピリしていないのは、ウーバーリ対策、自らの調整ぶりが順調ということにほかならない。「気持ち的には早く試合がしたい。スパーリングもいい感じだし、自信もありますし」と拓真。試合1ヵ月前にしてウーバーリ攻略に確かな手ごたえを感じているようだ。

ミット打ちでは細かく動きを確認していた

 もちろんウーバーリのことは警戒しており、「けっこう回転力もありそうなので、そこは注意していきたい」とも。減量も早めにスタートさせており、WBCベルトを統一する準備は着々と進んでいるようだ。