2019年10月12日土曜日

クルーザー級4冠ウシク あすヘビー級デビュー

 明日12日(日本時間13日)シカゴのウィントラスト・アリーナでヘビー級および米国デビュー戦のリングに立つ元クルーザー級の“比類なき”王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が11日計量に臨み、215ポンド(97.52キロ)をマークした。相手のチェズ・ウィザスプーン(米)は242ポンド(109.77キロ)だった。

ウシク(左)は97.5キロをマークした

 ウシク(16勝11KO無敗)は5月にヘビー級&米国デビュー戦が組まれたが右腕の筋肉を傷めたため試合はキャンセル。5ヵ月の延期となった。すでにWBOヘビー級1位にランクされており、明日の試合の結果と内容によっては世界挑戦も視野に入るだけに注目度の高い一戦となる。

 ウィザスプーン(38勝29KO3敗)は当初相手を務める予定だったタイロン・スポーン(スリナム=オランダ)から違反薬物が検出されたため急きょ今週、抜擢されたベテラン。12キロ以上重い体重を武器にどこまでやれるか見ものだ。

WBA・L・ヘビー級王者ビボル(左)はV7戦

 セミ格ではWBA・L・ヘビー級王者ディミトリ・ビボル(ロシア)が7度目の防衛戦。挑戦者はレニン・カスティーヨ(ドミニカ共和国=WBO同級11位)。

 来週予定されるオレクサンドル・ゴズディク(ウクライナ)vs.アルツール・ベテルビエフ(ロシア)の統一戦、11月2 日のセルゲイ・コバレフvs.カネロ・アルバレス戦と動きが目立つL・ヘビー級で、ビッグマッチを希望するビボルがどんなパフォーマンスを披露するか注目される。Photos by Ed Mulholland