July
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 拳四朗&京口の対抗王者ソト あすアメリカでV1戦

拳四朗&京口の対抗王者ソト あすアメリカでV1戦

2019年10月24日 12時36分

 WBAスーパー王者の京口紘人(ワタナベ)、WBC王者の拳四朗(BMB)が君臨するL・フライ級のWBO王者エルウィン・ソト(メキシコ)が明日24日(日本時間25日)。米カリフォルニア州インディオのファンタジースプリングス・カジノで初防衛戦に臨む。23日行われた計量でソトは107.8ポンド(48.90キロ)を計測。相手の挑戦者1位エドワード・ヘノ(フィリピン)もリミットの108ポンド(48.97キロ)で合格した。

ソト(左)は初防衛戦でヘノを迎え撃つ

 ソト(15勝11KO1敗=22)は4ヵ月前、同会場で王者アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)に挑戦。ほぼ無印ながら強打のアコスタに12回KO勝ちで王座奪取した。フアン・フランシスコ・エストラーダ(WBC・S・フライ級)、ミゲル・ベルチェルト(同S・フェザー級)、エマヌエル・ナバレッテ(WBO・S・バンタム級)とともにサンフェル・プロモーション傘下の世界王者。賭け率4-1で支持されている。

 世界初挑戦のヘノ(15勝5KO5分無敗=27)はOPBF・L・フライ級王者。これまで3度、日本のリングに上がり2勝1KO1分。今回が米国デビューとなる。

フライ級進出のアコスタ(左)

 セミではアコスタが再起戦。フライ級転向を発表したアコスタが同級リミットの112ポンド(50.80キロ)、相手のレイモンド・タブゴン(フィリピン)が111.4ポンド(50.53キロ)をマークした。Photos: Tom Hogan-Hoganphotos/Golden Boy

Related article
関連記事