2019年10月27日日曜日

WBSS S・ライト級はテイラーV WBA・IBF王座統一

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)S・ライト級決勝が26日(日本時間27日)、ロンドンのO2アリーナで行われ、IBF王者ジョシュ・テイラー(英=写真)がWBAスーパー王者レジス・プログレイス(米)に2-0判定勝ち。8人によるトーナメントを制するとともに2団体の王座を統一した。

 実力者同士の対戦は予想通りクロスファイトとなった。サウスポー対決はコンパクトなブローで仕掛けるプログレイスにテイラーも一歩も引かずに応戦。ハイペースのパンチのラリーで中盤まで拮抗した。

 抜け出したのはテイラー。スタンドの合唱を背に受け9回からボディー攻撃、左強打で押し気味に展開。11回、プログレイスが逆襲をかけたが、最終回、英国人は接近戦で迎撃。公式スコアは115-113、117-112、114-114でスコットランドが地元のテイラーが勝利者コールに浴した。 テイラーは16勝12KO。初黒星のプログレイスは24勝20KO1敗。

 セミのヘビー級12回戦は悪童デリック・チゾラ(英)がデビッド・プライス(英)に4回、タオル投入のTKO勝ちを収めた。

 以下はWBSS・S・ライト級トーナメントの結果。準々決勝(初戦)のキリル・レリクvs.エドゥアルド・トロヤノフスキーの試合は18年9月、横浜アリーナでバンタム級の井上尚弥vs.フアン・カルロス・パヤノとダブルで行われた。

■WBSS・S・ライト級トーナメント結果
◇準々決勝
ジョシュ・テイラー(英)[TKO7回2分21秒]ライアン・マーティン(英)
イバン・バランチェク(ロシア)[TKO7回終了]アンソニー・イギット(スウェーデン)
キリル・レリク(ベラルーシ)[3-0(115-113×3)]エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)
レジス・プログレイス(米)[3-0(119-108、118-109、117-110)]テリー・フラナガン(英)

◇準決勝
ジョシュ・テイラー(英)[3-0(117-109、115-111×2)]イバン・バランチェク(ロシア)
レジス・プログレイス(米)[TKO6回1分36秒]キリル・レリク(ベラルーシ)

◇決勝
ジョシュ・テイラー[2-0(117-112、115-113、114-114)]レジス・プログレイス(米)

■S・ライト級世界王者
WBAスーパー ジョシュ・テイラー(英)
WBA マリオ・バリオス(米)
WBC ホセ・カルロス・ラミレス(米)
IBF ジョシュ・テイラー(英)
WBO ホセ・カルロス・ラミレス(米)