2019年11月1日金曜日

IBF・S・フライ級戦が中止 岡田博喜がセミに昇格

 今週土曜日2日(日本時間3日)米カリフォルニア州カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツ・パークで予定されたIBF・S・フライ級タイトルマッチがキャンセルされた。理由は王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)に挑む予定だった挑戦者ジョナサン・ロドリゲス(メキシコ)の米国入国ビザ発給に問題があったため。メインのWBC・S・フェザー級タイトルマッチ、王者ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)vs.挑戦者ジェイソン・ソーサ(米)は挙行される。

 このためストリーミング配信ESPN+で中継予定だった岡田博喜(角海老宝石=写真)vs.ハビエル・モリナ(米)のS・ライト級10回戦がセミ格に昇格。ESPNとESPNデポルテスによって全米にテレビ中継される。

 またアンダーカードのウェルター級8回戦では、メキシコシティ在住の日本人ボクサー、坂井詳記が前WBOユース王者ゴル・エリツィアン(アルメニア)と対戦する。米国2戦目のエリツィアンは11勝10KO無敗の強打者。フレディ・ローチ氏に師事している。


-->