0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年12月4日水曜日

ヘビー級 ルイスvs.ジョシュア2 主審はパボン氏

 7日サウジアラビアのディルイーヤ・アリーナでゴングが鳴るヘビー級3冠統一タイトルマッチ、王者アンディ・ルイスJr(米)vs.前王者アンソニー・ジョシュア(英)の審判団が発表された。レフェリーはプエルトリコのルイス・パボン氏が務めることになった。

村田vs.ブラント再戦をさばいたパボン氏

 パボン氏(53)は村田諒太vs.ロブ・ブラント再戦や井上尚弥vs.ジェイミー・マクドネルなど日本のリングでもレフェリングを担当している。WBAとWBOの世界タイトルマッチで起用される当代を代表するレフェリーの一人。これまでルイスJr、ジョシュアの試合を裁いたことはない。

 ジャッジはグレン・フェルドマン(米)、スティーブ・グレイ(英)、ベノイ・ローゼル(カナダ)の3氏。このうちフェルドマン氏とグレイ氏は16年のジョシュアvs.エリック・モリナでジャッジを務めた。グレイ氏は18年のジョシュアvs.ジョセフ・パーカーでもスコアリングを担当。ローゼル氏はこれまで両者の試合を担当したことはない。

 当初、両陣営は中立国による審判団を希望したが、上記の結果となった。試合の模様は8日(日)午前4時からWOWOWで生中継される。