excitematch

excitematch

2020年2月12日水曜日

元3階級制覇王者リナレス 今週末アナハイム登場 
世界王座返り咲きのステップとなるか

 3階級制覇チャンピオン、前WBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)が今週金曜日14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州アナハイムのホンダセンターでカルロス・モラレス(メキシコ=米)とライト級10回戦に臨む。

キャリア52戦目を迎えるリナレス

 メインはゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)にサポートされるライト級のスター候補ライアン・ガルシア(米=WBA2位)がフランシスコ・フォンセカ(ニカラグア)とWBCライト級シルバー王座の防衛戦を行う。

 現地時間11日、アナハイムのフィットネスジムでメディアに対応したリナレスは「カルロス・モラレスはすごくタフな選手でストロング。でも私には経験がある。金曜日の試合は慎重に対処しなければならない」と発言。何度かGBPのカードで同じリングに立ったモラレスを分析。次回の試合に関しては「たぶん5月か6月頃。相手は誰だろう?」と語るにとどめた。

 対するモラレスは「リナレスはベテランで経験豊富だけに、すべてのツールを持っている。私のキャリアでもっとも重要な試合になる」と相手をリスペクトしつつ闘志を燃やす。

スター候補ガルシア、次戦はリナレスを希望か

 メインのガルシアとフォンセカもメディア向けに軽く練習を行った。GBPはガルシアの次戦の相手にリナレスを希望しており、両者がどんなパフォーマンスを見せるか興味津々。イベントはストリーミング配信のDAZNが全米へ中継する。Photos : Tom Hogan-Hoganphotos/Golden Boy