2020年2月21日金曜日

S・バンタム級ナバレッテ ヘビー級前座でV5戦 
ターゲットは統一戦 階級アップも視野

 22日(日本時間23日)ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナでゴングが鳴るデオンテイ・ワイルダー(米)vs.タイソン・ヒューリー(英)のWBC世界ヘビー級タイトルマッチの前座カードの記者会見が20日、同アリーナで行われた。

ナバレッテ(左)は5連続KO防衛を宣言

 世界戦ではWBO・S・バンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が挑戦者4位ジェオ・サンティシマ(フィリピン)と5度目の防衛戦に臨む。昨年4度王座を守り、いずれもストップ勝ちと精力的に防衛をこなしたナバレッテ(30勝26KO1敗)は「今回もノックアウト勝利を狙い、次は統一戦を実現させたい。もしそれがダメなら、おそらくフェザー級へ上がるだろう」とコメント。

 対するサンティシマ(19勝16KO2敗)は「マニー・パッキャオのようになりたい。アメリカ初ファイトで世界タイトルを獲る」と発言。元WBO・S・バンタム級オリエンタル王者は17連勝の勢いを強敵にぶつける。

 イベントのセミ格では元IBFヘビー級王者チャールズ・マーティン(米)がジェラルド・ワシントン(米)とIBFヘビー級挑戦者決定戦を行う。アンソニー・ジョシュアに敗れた王座奪回を目指すマーティン(27勝24KO2敗1分)は「私はヘビー級。ノックアウトをデリバリーする。4回でノックアウトする」とKO宣言。

身長2メートルのS・ウェルター級フンドラ(左)

 一方、ワイルダーに挑戦歴(5回TKO負け)があるワシントン(20勝13KO3敗1分)は「試合の前後は冷静になるべきだけど、これはタイトル挑戦をかけた戦い。リングでは火花が散る」と激戦を約束した。

 また米国へのPPV中継の最初の試合では身長2メートルのS・ウェルター級セバスチャン・フンドラ(米)がダニエル・ルイス(豪州)と10回戦を行う。Photos by Mikey Williams, Ryan Hafey