2020年5月12日火曜日

【動画あり】元世界王者の比嘉大吾「気持ち切り替えた」
世界返り咲き目指しハードトレーニングに没頭

 元WBC世界フライ級チャンピオンで15連続KO勝利の日本タイ記録を保持する比嘉大吾が世界王座返り咲きを目指し、新天地の横浜でハードトレーニングに励んでいる。

 18年4月に計量失格で世界王座から陥落した比嘉は今年2月14日、1年10ヵ月ぶりに復帰して勝利したものの、試合後のリングで「このままモチベーションが上がらなかったら辞めるかもしれない」などと発言。周囲をやきもきさせていた。

 しかし、3月にジムとの契約を更新せず、4月に東京から横浜に引っ越して再スタートを切った比嘉は「気持ちの切り替えは終わった。また、一から世界を目指すための厳しい練習をやっています」と力強くコメント。現在は野木丈司トレーナーとタッグを再結成し、近所の公園で午前と午後の2部練習を行っている。

トレーニングをともにする比嘉(右)と大湾硫斗

 新たな所属先はまだ決まらず、新型コロナウイルスの影響もあって次の試合の見通しは立っていないが、比嘉は「もうやるしかない。100%世界チャンピオンになれると思っている」とやる気満々。今のところバンタム級をターゲットにしているという。

 比嘉の近況と、今後にかける思いは、15日発売のボクシング・ビート6月号で詳しく紹介する。https://amzn.to/3fHgKIp


-->